QLOOKアクセス解析

湯治帰りの…

Category : そのほか
お久しぶりです。
3月に火事で家を焼け出されまして、ようやくと落ち着いてきました。

全焼…といっても家財は原型をとどめた状態で残ったものが多く、割と色々回収はできたのですが…。

P3235301.jpg
一番被害がひどかった屋根裏は、寝床にしていました。
屋根を回った煙が通って煙突状態になってしまったため、煤と放水による被害が酷く、また消火活動で屋根を落とされてしまったので、石膏も混ざってで見るも無残な姿に…。

服などは諦めましたが、ここには嫁が大事にしているぬいぐるみたちがたくさんいました。
この子たちだけは何とかしてあげたい。

地元で何件かクリーニング屋さんを当たりましたがどこも断られてしまい、
途方に暮れているとそのうちの一件がわざわざ電話をくれ、「もしかしたらあそこならやってくれるかもしれない」…とのこと。

そこで紹介されたのが、宮崎のサンクリーン(http://www.sun-clean.com/)さん。
きぐるみを専門にされるクリーニング屋さんだそうで、紹介してくれたお店の方によると「業界では全国的にも名高いところ」なんだとか。

藁にもすがる思いで早速連絡してみると、「まずは送ってください」とのこと。
まだ濡れたぬいぐるみたちを段ボールに詰めてはるばる宮崎へと発送しました。

DSC_0208.jpg
(サンクリーンさん撮影)
こちらでは写真を撮る余裕がなかったので、先方で撮っていただいた写真を。
改めて見ると、その状態の酷さに目を覆いたくなります。


DSC_0209.jpg
(サンクリーンさん撮影)
8.jpg
(サンクリーンさん撮影)
特に状態がひどかったのは、アザラシの赤ちゃん、「しろたん」のぬいぐるみや抱き枕たち。
真っ白なだけに汚れが目立ち、”焦げた”に近い状態でした。

…あれから数か月、じっくり洗ってもらって湯治をしていた子たちが、帰れるようになったと連絡があり、
ワクワクしながら届いた箱を開けると…。

DSC_3927 (1)
信じられないぐらい綺麗になって帰ってきた一同。
正直ダメ元でのお願いだったのですが、火事前よりきれいになってしまいました…。

DSC_3929.jpg
あのしろたんたちもこの通り。もはや火事に遭ったことなどわからないレベル。
よくよく見れば跡が残っていたりしますが、あの「焼き芋臭」もすっかり消え、もふもふボディを取り戻しました!

一体づつ丁寧に、何度も洗ってもらって生まれ変わった子たち。
本当にすごい技術にただただ感動するばかりです。

こまめに写真付きの連絡を入れてくださり、安心してお願いすることができました。
サンクリーンさん、本当にありがとうございました!

…さて、あとは嫁が帰ってくるのを待つばかりです。
スポンサーサイト

京王5000リベンジ(後編)

Category : 未分類
ということで、何とか当日までに完成。
いやー、危なかった…。

CyviTfoVQAAE3D8.jpg
 幼いころよく見た、7両ローカルの時代にしてみました。
府中駅で特急から乗り換えるときにこいつだと、被りつき席があって嬉しかったのを覚えています。

CyviVfQVIAAPZGx.jpg 
CyviW9SUQAAzwb5.jpg
4+3で、クーラーを作り分けてみました。まぁ雰囲気は出たかな…と思ってます。

PC034170_20161206232747427.jpg 
会場にはたくさんの京王車が集まりましたので、並べてパシャリ。
隣は平塚君の6000系と、1000番台君の6000系です。

Cy3f7FtUcAAg73r.jpg 
こちらは、同じく府中運転会合わせで作ってきてくれた、黒江さんの5000系。
デフォルメの方向性が違って、大変面白いですね。

CyvlXz_UsAAYQkz.jpg 
実は製作前、北海道のプラレーラーまつさんの作った札幌地下鉄の出来に感激し、「おもちゃっぽく、かつ重量感のある」仕上がりをリスペクトしてみましたが…はたして上手くいってますかね?
(まつさんは当日来られず、車両だけの参加。)

そんなわけで、初めての「フル編成」だったわけですが…えらい大変だったので、しばらくはまた単コロか短編成モノに戻ろうと思います…w

京王5000リベンジ(前編)

Category : 未分類
府中運転会に合わせて新作を…ということで、京王ネタを作ることにしました。

以前作ったもののあまり出来が良くなかった、5000系にリベンジです。

CxdatBCVEAEYQ-G.jpg 
まずはCADでザザッと。前回のデータが残っているので簡単です♪
窓の寸法や裾絞りなどを、可愛くなるようにイジりました。

DSC_0362.jpg 
DSC_0389.jpg 
適当に切りだして貼り合わせたら…

DSC_0372.jpg 
DSC_0403.jpg 
前回の顔がレジンで残っていましたので、これを流用しつつ修正します。

DSC_0445.jpg
DSC_0448.jpg 
表面処理をしたら、シリコンに沈めて増やして…。

DSC_0463.jpg 
DSC_0470.jpg 
顔を切って京王重機ごっこをして、抜けの悪かったところを修正して…(これが一番大変!)

DSC_0474.jpg 
完成です。…結構大変でした。

後編へ続く!

第1回プラレールひろばin府中

Category : プラレール
こちらでは大変ご無沙汰になります。

最近相次いで府中在住のプラレーラーが増えたので、せっかくなら運転会をやろうと盛り上がり、1000番台君、福遠君と共同開催という形で、8年ぶりとなる府中での運転会が実現しました。

さる12月3日(土)、ルミエール府中に集まったプラレーラーはおよそ30名。
メンバーの地元愛溢れる数々の演出と、全国から集まったプラレーラー達の改造車両で、想像以上の規模となりました。

PC034134.jpg
会場最寄りの府中駅も再現。

DSC_0492.jpg
京王線・南武線を再現する、府中系ジオラマが広がります。

PC034140.jpg
一方で地下直線を渡った先には、一畳プラレールを設置。
机の不足を、机と同じ70cmの高さでしっかり受け止めてくれます。

PC034176.jpg
当然、地元車両も集結。皆の力作が揃いました。

PC034183.jpg
そのほか、全国のプラレーラーが持ち寄った改造車両で、密度の濃いヤード部分(このときはなんでだか北海道仕様。)


私も写真に撮りきれませんでしたので、そのほかは皆が撮った写真をまとめましたのでこちらでご覧下さい。
第1回プラレールひろばin府中 写真まとめ(Togetter)


ご来場いただきました皆様、設営・運営にご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。
いつになるかは分かりませんが、また運転会をやりたいと思います。また遊びに来てください。

6月20日までの作業(複製編)

Category : プラレール
さて原型が出来たら、いよいよ複製です。

CHoenTcWIAEO-fT.jpg
会社帰りに、複製用品一式を買ってきました。

P6190048.jpg
ブロックを組んで、師匠の講座に従って油粘土で台座を作り、
原型をセット。

P6190049.jpg
ドキドキのシリコン投入。A面はこれで500gでした。

P6200050.jpg
固まったらひっくり返して粘土を除去し、B面を流します。こちらは300g。

P6200051.jpg
そんなわけで出来あがったのがこんな型。
…湯口をつけるのを忘れましたw

P6200052.jpg
空気穴を作り、いざレジンキャスト!


P6200054.jpg
で、出来たのがこちら。
手前が1stショット、奥が原型。思いのほか上手く来ました。

P6200055.jpg
3rdを流したところで、型が大きく裂損、修復不能となりました。

P6200060.jpg
側面が薄すぎでしたね…。

P6200057.jpg
上から3rdショット、1stショット、原型。
(2ndは湯回りが悪く失敗)

P6200058.jpg
それよりも問題なのは、側面の窓の枠が次々に壊れて行くこと。
3ショットで、かなり欠損しました。これではもう数ショットで窓が無くなりますw
これはシリコンを変えるほか無いかも…。



そんなわけで、初めての複製はこれにて終了。
型作り・レジンキャスト自体は思いのほか簡単に出来ましたが、
数ショットで型が壊れたのでは量産には使えませんので、さらに実験を続けていくほか無さそうです…。

まぁとりあえず、最低数の2個は確保したので、これを使って作って行くことにしましょう。
カウンター
トラックワード
Twitter
 
プロフィール

空転

Author:空転
鉄道・プラレール・空・海・軍事…
風呂敷を広げ過ぎてコントロールできなくなっている駄目人間。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク