QLOOKアクセス解析

クラシックカー

Category : そのほか



近くの祭りでクラシックカーパレードを毎年やっているそうなのですが、初めて行ってみました。
300台以上参加ということで、ズラッと来るものだと思っていましたが、普通の一般車両と一緒に道を走ってきました。びっくりですw

電車や飛行機/船とは大きさもスピードも違うので写真が難しいですね…。ベストな撮影方法を見つける前に終わってしまいました…。

それにしてもボンネットバス…自家用に一台欲しいなぁ…置く場所もお金も無いですけど。



…実は主目的はこっちだったり。
写真
スポンサーサイト

カメラバッグ

Category : 写真
普段使っているカメラバッグは肩掛けタイプです。
容量も大きく使いやすいのでとても重宝しているのですが…長距離を歩いて移動するような場合、非常にしんどいです。
フル装備にすると5kg、さらに三脚を担ぐと7kg近くなり、すぐにへばってしまいます…。

そこで、リュックタイプのカメラバックがほしいなぁ?…と考えたわけですが…。

写真
(LoweproのHPより借り載)

…こんなやつ。まぁ、こんなにいっぱいレンズ持ってませんけど…。
でもすごく高いです…。今は到底予算が付きません。



…じゃあ作ってみよう、というわけで、駄目もとで自作してみることに。

写真
とりあえず用意したのはこんな感じ。
ヨドバシで一番安かったエツミのクッションボックスが2つ。
百均で見つくろったウレタンのソフトケース、B4のバインダー、あとマジックテープ。
〆て2500円ほど。

写真
まずはバインダーを大胆に切り取ります。
必要なのは板の部分だけなので、金具の部分はさようなら。
ついでにかたっぽの角を斜めに切り落としておきました。


次にソフトケースを切り開いて生地にして、そこにマジックテープを縫いつけます。
数年ぶりにミシンの前に座りました…。

写真
あとは、板を挟んで周囲をミシンで縫いつけます。
それだけだとマジックテープが布ごと動いてしまうので、キリで穴をあけてタコ糸で結わえつけるタコ糸カシメを採用。
一個づつ畳針で玉結びと玉止めを繰り返して、気が遠くなりかけながらもなんとかクリア。
見栄えは悪いですが、強度はそれなりです。

写真
さらにクッションボックスの裏にもマジックテープを取りつけます。
これはミシンで一発…と思っていたのですが、物理的にミシンが使えず、またもやタコ糸カシメを使うことに…。
だんだん面倒臭くなってきて、玉結びがいい加減なのは内緒ですw

んで、これを先ほどの板に張り付ければ…完成!
ほんとはフタも付ける予定でしたが、もういろいろと面倒臭くなってきたので断念。


写真
さっそく持ってる機材全部入れてみました。
真ん中にレンズを付けたままのカメラがそのまま収容できます。
両サイドはもとのクッションボックスそのままなので、仕切りがいっぱい付けられます。

写真
これを手近にあったリュックに…

写真
スポッと突っ込めば、ほらこの通り。
これで山歩きでも安心ですね。…5kgですけど。


…実はリュックの横幅が思っていたよりも狭くて、カメラをスッと取り出せるという感じにはならなかったのですが…まぁ、ショルダーでひーこら歩くよりは楽ですかね。
リュックの下のほうにはまだ余裕があるんで、日帰りの撮影ならこれひとつで(あと三脚もか…)ふらふらできそうな感じです。

ふぅ…久々に針と糸と格闘して疲れました…。
プラ板と接着剤とは訳が違いますね…やはりミシンは偉大ですw

2009年観艦式 その3

Category : 軍事
反転した艦隊は、隊列を整えつつ進んでいきます。

やがて、受閲艦隊も反転し再離合、訓練展示の開始です。

ゆうばり、ゆうべつの祝砲発射で、思ったより距離があることがわかりました。
(音が2秒近く遅れてくる…500mくらい?)
艦内放送で流れる案内も、初回だからかしどろもどろで、なんとなく頼りなげです…。

音が当てにならないなら、位置で判別するしかない…。

写真
鬼の形相でファインダーをにらみつけていたら、ボフォースはなんとか撮れました。
…当然、2発目以降は全く撮れず…。

写真
遠くで着弾していますが、ものすごい水柱です。
ボフォースでこれだけ上がるってことは、戦艦の主砲とかどんなんなんでしょうね…?

続いて潜水艦の浮上、隣にいて仲良くなったプロのカメラマンさん(非船系)も、これだけは撮りたいと張り切っていましたが…。


写真
あぁ?…

写真
あぁぁ…

残念ながら、肝心なところが見えず。しくしく…。
あ、ちなみにこれが件の"くらま"の舷ですw


写真
ひゅうがから、ヘリが発艦しますが、こちらも飛び立つ瞬間は"くらま"の影で残念。

写真
LCACの機動展示は、的は小さいですがなにも発射しないので何とかなりますw
光の加減で、虹を切って走っているような映りに…。

写真
ミサイル艇によるIRデコイ発射。
これもタイミングが良く分からず、一番いい瞬間は撮り逃してしまいました…。むぅ。

写真
そうこうしているうちに、先ほど走りぬけたLCACが、戻ってきました。こんどは観閲艦隊と付属艦隊の間をすり抜けるので、さらに近くを通ります。

写真
"こんごう"とLCAC。マストが…。
さすがホバー、レシプロ音を上げながら疾走していきました。

写真
US-2の模擬着水。模擬だから降りてくれませんが、結構な低空で飛んできました。

対潜爆雷は、真横でやられると飛行機と水柱を同時に撮るすべがなく、眺めるだけ…。


写真
最後は、P-3CによるIRフレア発射。
綺麗に弓なりに落ちていくので、ある意味一番絵になりますね。


…以上ですべての訓練展示が終了。また2時間かけて横須賀へと帰ります。


写真
遠くで"おおすみ"にLCACを収容しているのが見えました。

写真
ヘリ甲板では、同乗していた大湊音楽隊によるコンサート。軍歌から演歌まで、なんでもこなしてました。

さすがに眠くなってきたので、前甲板に移動してちょっとお昼寝。

写真
心地よい風にうとうとしていると、いきなりヘリがやってきて慌ててカメラを構えました。
機体を左右に振りながら、ゆっくりと艦隊の横をすり抜けていきます。


その後は浦賀水道に入り緊迫しているブリッヂを見学したり、
件のカメラマンさんに写真講座を受けたり、さらに隣にいた船オタさんに2人で艦船講座を受けたり…。

のんびりしているうちに、横須賀へ到着。朝は一番最後でしたが、帰りは"くらま"の次に入港です。

そんなこんなで4時過ぎには上陸。
お茶師匠から反省会のお誘いを頂きましたが、薄情な私はお断りしてしまいました…申し訳ござません…。

しかし、とても楽しい一日でしたね。
また三年後、今度は自分でも応募してみたいと思いました。
ありがとうございました!

2009年観艦式 その2

Category : 軍事
※ここから先の写真は、レンズ交換の際にゴミが乗ってしまいました…お見苦しいですがそのままごらんください。


横須賀を出港した船は浦賀水道航路を抜けて、会場となる相模湾へと向かいます。

写真
遠くに第二海堡も見えます。なにか工事してますね。


浦賀沖あたりで、ほかの護衛艦も次々と合流してきます。

写真
"うらが"の真後ろに付こうとしている、観閲部隊の随伴艦、イージス艦"こんごう"。

写真
やや後ろを並走する、潜水艦救難艦"ちはや"。

写真
城ケ崎の沖くらいまで来ると、いよいよ艦列をなし始めます。
観閲艦隊先導艦の"いなずま"と、その横を颯爽と駆け抜けるジェットフォイル"セブンアイランド虹"。

写真
上空をヘリがぶんぶん飛び始めたので、そろそろ始まるのかと思いましたが、まだまだ先でした。


微速前進しながら一時間以上待っていると、遠くから艦列が見えてきました。
写真
いよいよ観閲式の開始です!

…が、参加艦艇を全部乗せると大変なことになるので、気になった艦だけ…。

写真
まずはなんといっても、今年最大注目の新造ヘリ空…ヘリコプター搭載護衛艦"ひゅうが"。
数年後にはさらにでかい船もできるそうですが…これでもいままでの護衛艦から行くとすごく大きいです。

写真
乗っている"うらが"と同型の掃海母艦"ぶんご"。

写真
補給艦"ましゅう"。ひゅうが就役までは最大の船でした。

写真
輸送艦"おおすみ"。

…というかなんだかでかい船ばっかり好きなんですね私…。
ちなみに海保の"やしま"は本番だけ参加なようで、今回は見れず。残念無念…。


続いて航空部隊の受閲です。

写真
UH/SH?60J。受閲部隊はハイビジだけですが、周辺警戒などでロービジも飛んでました。
青いのも撮りたかったなぁ…。

写真
MH-53。あんまり数はないみたいですが、かっちょいいですね。

写真
"こんごう"の上をフライパスするCH-47J。
災害派遣ぽい絵で気に入ってますw

写真
US-1,US-2。US-2は日によって色が違ったみたいですね。
二式大艇みたいな色のも見てみたかったです。

写真
C-130H。水色のはイラク派遣仕様ですね。

写真
F-2。青いのはかっちょいい!

写真
そしてF-15。マーキングが小さくてちょっと残念ですね…。

パンフより機体数が多いのとかありましたけど…サービス?

写真
すべての受閲が終わり、艦隊は船同士がぐっと近づきながら反転を開始。
いよいよ訓練展示が始まります。

…その3へ続く。


撮影練習

Category : 鉄道
今日は金にならない仕事をしなきゃなりません。
家のPCの前で午前中を使い果たし、フラストレーションはmaxでやる気はminです。

とりあえず目途もついたので、高尾あたりで撮ってみるかとぶらり。
先日の会津の紅葉が忘れられず、また赤い景色が撮りたいと思ったのですが…まだ早かったようですね。

最近標準ズームばかりなので、今日は望遠縛り。
写真
写真
うーん…やはり難しいですねぇ。なかなかピンが顔に合いません…。

写真
奇をてらい過ぎました…。
決して失敗じゃないんですよ、失敗じゃ…orz

写真
帰り道に一枚。6000は反対側ばかりでこちらには来ませんでした…。

写真
最後は地元で流し撮りの練習。
結構暗くても止まるもんですね。

さて…もう少し仕事しますか。
…あ、でもその前に観艦式の日記をちょっとだけ…。

会津一人旅

Category : 鉄道

親父から土日フリー切符を一日分譲ってもらったので、急きょ出かけることに。
いろいろ妄想旅行をした結果、紅葉の美しいところで写真を撮ることにしました。

夕方に親父から切符を受け取り、いざ出発。

観艦式明けでフラフラしてますが、当然夜行移動を選択。
遊びに妥協は許されませんw

新宿駅でMLながらを待ちます。
写真
池袋を出た後は大宮を待つことなく爆睡、翌朝は長岡の放送で目が覚めました。

新津で降りるとそこは極寒の地。
ですが私には上下ヒートテックという秘密兵器があるので大丈夫ですw
駅前のコンビニでカップヌードルをすすって時間を待ちます。

30分前から乗せてくれる始発に乗り込み、いざ第一の目的地へ。
沿線には結構な同業者が…。

しかしいい天気です。東京は雨だそうですが、こちらは快晴ですよ、はっはっはっ。

写真
…なんて言っていたら、降りる駅の手前のトンネルを抜けたらすごい霧でした…どんより。

写真
…むぅ、しかも一つ目の候補地は工事中ですね…。霧でなんにも見えないし。

写真
仕方がないのでもう少し先まで歩くと、ちょっと晴れてくれたので一枚撮ってみました。
…でも電車がどこにいるかわからない…。


近くで撮っていた人が良い撮影地が近くにあると教えてくれたので、本番はそっちで撮ることにしました。

藪をかき分けて川沿いまで降りて行くと…おぉ、素晴らしい。

写真
珍しく良い写真が撮れました。…鉄板構図ですが。

写真
こんなのも来ました。

写真
すぐ後を走る快速を撮って、ここは終了。


さて、快速と行き違う電車がすぐに来ますが、同じ場所で撮っても面白くありません。
ちょっとてくてく歩いてみたら、人がいっぱいいるところがあったのでお邪魔してみました。

写真
レンズを換える間もなく次が来てしまいました。
ちょっと明るすぎましたね…。


さて、次の撮影地は、隣の駅を超えた先。
およそ国道とは思えない山道を、てくてく8kmほど歩いてきます。
写真

やっとのことで撮影地に到着。
本番の前に一本だけ来る列車には、すんでの所で間に合いませんでした。

写真
…が、どうもおかしい。川の向かって左岸に線路があるはずなのですが、まだ樹木が生い茂っていてなんにも見えません。
これではまずいです。


…ちょっと考えた挙句、戻って駅で撃つことに。

20分近く元来た道をトボトボ歩き、今度の列車に乗る予定だった駅に到着。
もはや気力がありません。

朝コンビニで買ったアンパンをかじりながらモソモソしていると、列車通過。


写真
…煙で隠れる予定だった鉄塔が隠れませんでしたorz

写真
駄目押しでもういっちょ。

写真
すぐに返しの快速がやってきました。新型ですね。

さて、乗る電車が来るまでは一時間以上なにも来ません。
駅前には自販機とポストしかないですし…。

写真
でも、春には桜が咲くんでしょうね。それも綺麗そうです。


駅の待合室で昼寝して待っていると登山者が何人かやってきました。

写真
SLもこの構図で撮ればよかったなぁ…。

ここからは一路東へ。途中山都で"お父さんの絵画を探しに来た"というおじいさんと同乗してしばし談笑。
会津若松で立ち食いラーメンを食べて、折り返しに備えます。

折り返しは、こいつに乗ります。
写真
うーん、走ってるのもいいですが、止まっているのをじっくり見るのもいいですね。

ガラガラの状態のまま、会津若松出発。ボックスシートを独り占めです。

写真
秋の夕暮れは早く、すぐに暗くなってしまいました。


途中津川では給水停車があるため、バルブに挑戦。
写真
写真
写真

そんなこんなで新潟へ到着。
土日切符の強み、新幹線指定席利用で、ぐっすり寝ながら大宮まで帰ってきました。

たまには電車で一人旅というのも良いものですね。
また行ってみようと思います。

2009年観艦式 その1

Category : 軍事
お茶師匠よりお誘いをいただき、念願の観艦式に参加できることに。

一週間前から休暇申請もしてばっちりですよ。

空「課長、来週お休み頂きたいんですが!」
課「お、いいねぇ。何が走るの?」
空「…えーと、今回は電車じゃないです…」
課「それは珍しい!」

…私そんなに休んでましたっけ?w


そんなわけで早朝突入、始発で行ったんじゃ間に合わないので横須賀のネットカフェでビバーク。
3時間ほど仮眠をとっていざ出撃。

今回はお茶師匠とは別の船。
一人で乗るのは初めてです。ドキドキ。

門の前まで行くと、ほぼ同時に3組ぐらいが到着。前から5番目くらいで1時間ほど待機。
写真


空もいよいよ白んだところで開門。
船のところまでとことこ歩きます。
…が、乗船するまでまた待機。ここでも30分待ち。
写真
写真

割と早い時間に潜水艦が出て行きました。
写真


やっとのことで乗艦。今回お世話になるのは、掃海母艦"うらが"です。
一番乗りで乗艦、うろうろしながら出港を待ちます。
…が、この船は一番最後…2時間以上動かないようです。

写真
その間に海軍旗…じゃなかった、自衛艦旗が掲揚されます。

写真
続々出港していくみなさん。

写真
タグもあわただしく動きます。
奥に見えるのは今回の観閲艦"くらま"。
…えぇ、あれですw

写真
"くらま"がいなくなると、先代"しらせ"がよく見えました。
その下にはお偉いさんを乗せてきた車がいっぱい…。

写真
さぁ、いよいよ"うらが"にもタグが取りつき出港です。
甲板では音楽隊による軍艦マーチが高らかに響き渡ります。
"出港よーい!"

…その2へつづく。
カウンター
トラックワード
Twitter
 
プロフィール

空転

Author:空転
鉄道・プラレール・空・海・軍事…
風呂敷を広げ過ぎてコントロールできなくなっている駄目人間。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク