QLOOKアクセス解析

スポンサーサイト

Category : スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャカルタ見聞録 その3

Category : 鉄道
纏めて記事を書こうとすると全然書かないので、ちょっとづつでも進めて行こうと思います。

さて、デポック・デポを出たら、アンコタと言う乗り物に乗ります。


P2210562.jpg
こんなやつです。
乗り合いタクシーみたいなものですが、ジャカルタの乗り物の中でも格安です。

ある程度決まった路線を走っていて、色ごとに路線が決まっているようです。
ドアは開けっぱなしで、降りるときは「キリ!」と叫ぶとその辺で止まります。

P2210593.jpg
青いのみんなアンコタ。…交差点から湧き出るように出てきますw
車種もまちまち。赤帽的なシステムで、加入制らしいです。

P2210565.jpg
今回は乗る機会がありませんでしたが、「メトロミニ」というバスもあるそうです。
出自不明な怪しいバスがいっぱい走ってましたw

脱線しましたが、アンコタに乗って向かったのは何と鉄道グッズショップ。
ジャカルタ鉄道マニアの聖地のようなところでした。
お土産の鉄グッズを買い込みましたw

ちょうどお昼でしたので、アダムさんおすすめのお店に。

P2210591.jpg
ナシゴレン。ピリ辛ですが激ウマです。
一緒に頼んで貰ったアボガドジュースも、ビックリするぐらいうまい!

さて、ここから再び電車に乗るために駅へ向かいますが…

P2210599.jpg
アダムさんが選ぶルートはいつもエキサイティング。
大変良い雰囲気の商店街?屋台街?を抜けると…

P2210601_.jpg
無味乾燥な「デポックバル(新デポック)」駅。
なんでも以前はここにバスターミナルや商店街があったそうですが、
再開発のため鉄道会社が壊してしまったそうです。なんだかなぁ…。

ここからボゴール線に乗って、再びマンガライ駅。
ブカシ線がしばらくこないので、暫し撮影タイム。

P2210649.jpg
ちょうど全検明けの試運転をしていたTs2という車両だそうで、現地製です。
ただし下回りは東芝のVVVF(!)らしく、良い音をさせて走っていました。

P2210673.jpg
ごろごろとチョコレート色の客車を入れ替えていました。
なんでも貸切用の特別車とか。

そんなこんなで移動。
途中駅で降りて、またアンコタに乗って暫く行くと…


バスの営業所に連れてきてもらいました。
ここは、日本の中古車中心だそうで…。


P2210023.jpg
なんじゃこりゃ!?

P2210027_.jpg
乗務員さん?たちは、口々に指をさしてこいつを勧めてきます。
「古いんだぜー!」「かっこええやろー!」的なことを言っていたぽいです(全然分からないw

ちょっと奥に足を踏み入れると…

P2210035.jpg

そこはまさに日本バスの墓場でした。

P2210038.jpg
国の指導で部品が手に入りにくくなっているらしく、ニコイチ、サンコイチで直していった残骸…ということのようです。

P2210059.jpg
キュービックのアイデンティティを揺るがす一台。

でもこれだけギリギリまで使ってもらえれば、車も嬉しいでしょうね。


P2210040.jpg
おっと、これは現役車。
識者によれば、ミッションをフィンガーからレバーに換装するという、訳のわからない改造が施されているらしいですw

この車庫も、近いうちに別会社の車庫になるとかで、
残念ですがこいつらもそろそろ天に召されるようです…。

再びアンコタに乗って駅に戻ります。

P2210101.jpg
駅前の道は青果市場になっており、たいへんにぎやか。

…なのは良いんですが、生ゴミが積み重なってすごい匂いを放っていました。
嫌そうな顔をしてたら、アンコタの兄ちゃんがティッシュを渡してくれました。詰めとけってことですねw


そんなこんなで、この日は終了。
帰りに屋台でアヤムゴレンを買って、コンビニで買ったビールで一杯。
(ほんとはアヤムバカールが欲しかったのですが…)
幸せおなかいっぱいで眠りにつきました。

はい、まだ2日目の夜ですw
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

カウンター
トラックワード
Twitter
 
プロフィール

空転

Author:空転
鉄道・プラレール・空・海・軍事…
風呂敷を広げ過ぎてコントロールできなくなっている駄目人間。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。